テーマ:ごめんねの気持ち

第三十三話 てるてる坊主

とんちゃんの運動会が明日に迫っていた。 天気予報は雨。 とんちゃんはママといっしょにてるてる坊主というものを作っていた。 ティッシュペーパーをまあるいボールにして、 それをまたティッシュで包んで、首を輪ゴムでくくる。 最後に顔を書いた。 とんちゃんの書いた顔は、かわいい女の子の絵だった。 ボクは、てるてる坊主が大事なも…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

第二十一話 神様の怒り

空が光った!! ボクは、少し開いた窓から、真っ黒な雲に覆われた空を見ていた。 「ママ。。。そ、そ、そらが、光ったでぇ。。。」 と、言おうとした瞬間。 パリパリパリパリパリパリ、どどどーん。 おうちがビリビリと軋んだ。 な、な、な、なんやねん。。。 こ、こ、これは、なんやねん。。。 ボクのお腹にも響いたでぇ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

第十七話 パワースポット

ボクはスーパートトになった。 らしい。 かんくんがそう言った。 「トトはスーパートトになったんやで!」 なにそれ? 海に行った帰り、パワースポットというところに行った。 鳥居をくぐって、薄暗い道を歩いていたら、なにかを感じた。 なんだ、この聖なる感覚は。。。 ボクは、そこでおしっこをしてしまった。 「神様の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more