テーマ:不安な気持ち

第四十七話 お留守番・後編

外は真っ暗になっていた。 でも、おうちの中は灯りがついている。 みんなが出て行く時、灯りをつけていってくれる。 明るいから、怖くはないけど。。。 〈登場人物〉 ●トト(2010年3月1日生まれ) ロングコートチワワのブラックタン・クリーム。男の子 ●パパ(アラフォー) トトのパパ ●ママ(アラフォー) …
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

第四十六話 お留守番・前編

一人でお留守番をしている。 みんなは何処かに出かけた。 出て行く時、すごく楽しそうに出て行った。 ボクは連れていってもらえない。 公園に行ったんかな? 川とか海に行ったんかな? そういえば、かんくんが遊園地とかなんとか言ってたな。。。 いいな。 みんなボクのことなんか忘れて、遊んでるんやろな。 ボクは一人で…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

第三十二話 レーダーマン

手術をした。 ママはボクを病院に連れていった。 パピィ教室の時にいた、パパのお気に入りのかわいいお姉さんと少し話しをして、 「頑張ってね」 といって、出て行った。 不安になった。 お医者さんが来て、ボクに注射をした。 気がついたら、首のまわりに何かをつけられていた。 ママが迎えに来た。 なんか、股間のあ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

第二十四話 ラブラドールのハチ

「おいっ。。。」 「おいっ。。。ボウズ。。。」 「起きろボウズ!」 誰かがボクを呼んでいるようだった。 人間の言葉ではなかった。 犬語だ。低く、ドスの利いた分厚い声だった。 ボクは少し眠っていたようだった。 気がついたら、小さな柵の中にいた。 少し高い場所にあるようで、 向かいに柵が三段あるのが見えた。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more